イヤホンのススメ イヤホンのススメ

イヤホンのススメ > イヤホン一覧 > ゼンハイザー

 イヤホンのススメ

 イヤホン一覧

 画像一覧

ゼンハイザー

タイプ    :
価格     :\189000

メーカー   :ゼンハイザー
発売日    :
詳細情報 >>Amazon.co.jp


Review by amazon
 音場の広さ以外なら代替品はあるが… Date 2009-10-28
出音は概ねフラット。
K702でハッキリ聞こえるスネアが柔らかく感じたりといったクセが中高音域に多少ある。
低音域はローエンドまで延びるが量感に乏しい。
解像度感、分離感は良好。音場の広さはこれ以上の物を知らない。
曲によっては、その音場の広さゆえにクセが気になる事もある。
もっとも、アラを探そうと聴けば気付ける感じ。
逆に今まで気にならなかった音すら表現されて新しい発見をする事もある。
モニターSP的な出音を求めるなら音場以外はK702の方が近い。
耳が痛くなる程、音量を上げても破定しない制動性能がある。
このHPの優位性は広大な音場であり、それ以外には匹敵する候補が幾つもある。
ただ、高次元でバランスの良い出音であり、その音場に価値を見出せれば最高の1本。

装着感はかなり良好。頭頂部への刺激も少ない。
パッドが薄く耳が当たりそうな印象を受けるが意外と受けが深いので接触しない。
また肌への当たりも柔らかく長時間使用で気になる事はない。

デザインが変?
他人への迷惑を考慮する良識ある人間なら第三者の多い屋外では開放型を使わないだろう。
装着してしまえば見えないのだから気にするなw

 概ね良い Date 2009-10-19
開放型にしては低音の制動感があるので
量はわずかに少なめですが聴き取りやすいです

中域の高いところに癖があると思います
ヴォーカルやヴァイオリン、
アコースティックギター等が引いて聴こえ
変わりにハイハットやエレキギターが目立つように感じます
ヴォーカル等が引いて聴こえるのは
この機種の音場の広さに貢献していると思いますが
その少し上の帯域が目立ち
自分の耳にはヴァイオリン、ヴィオラなどは少し硬い音で
サ行・チ・ツの発音やハイハットは少しきつく
曲も全体的に明るい雰囲気になるように聴こえます
基本的にバランスの良い音の傾向ですが
良いだけに自身にはこの点が余計気になりました
とは言えこのヘッドホンの特徴というよりは
個々人の好み聴覚の個人差の範疇に収まっているとは思います

解像感、音場の広さ、装着感はとても良いです
イヤーカップが大きく深いので
長時間装着しても耳に煩わしさがないのはありがたいですね
側圧やイヤーパッドの薄さもあまり感じません
大型のヘッドホンですがケースやプラグもかなり大きいです

オーケストラや空間の広いポップスなどが個人的に得意なジャンルだと感じますが
映画鑑賞等も含めて広い範囲に良い性能を発揮する機種の一つであると思います





 良く聴くCDの試聴が必須だと思う。 Date 2009-10-11
東京交通会館で開催された「HI-END SHOW TOKYO 2009」に行き、このヘッドホンを試聴しました。
装着感はゆったりとして快適ですが、ハウジングの一部に凹みを見つけたので、さほど堅牢な構造ではなさそうです。
最初、展示者が用意していたCDを試聴し、開放型の特徴である音場の広さを実感しましたが、持参したCD(ドイツ・グラモフォンのイエロー・レーベル)に替えて聞いてみたところ、先ほどのCDとは異なり、音場の広さが感じられませんでした。
音質については、中高音はスッキリ聴こえて良い感じですが、その分、幾分か低音が「遠慮気味」で目立たないように思いました。
いろいろ考えた挙句、このヘッドホンの真価が発揮されるのは、「CDの録音状況如何である」という結論に達しました。
購入に際しては、(本レビューも含めて)第3者のレビューなどは参考にせず、自分が良く聴くCDを実際に試聴してからの方が良いと思います。
【追記】
中野サンプラザのヘッドホン祭に行き、再度、McAUDIの「M-81」との組み合わせで試聴しました。
西暦2000年以降に録音された、録音状態の良いクラシック音楽のCD(SACD)を、複数枚にわたって試聴しましたが、やはり、コンサートホールに居るような音場の広さは感じられず、低音の響きも前回と同様の印象でした。
ただし、他の人が持参したポップスやジャズでは、開放型の特有の音場の広がりを感じられ、澄み切った高音・中音の音色は非常に良かったので、このヘッドホンは(ヘッドホン自体のデザインからも推し測れるように)クラシック音楽ではなく、ポップスやジャズのリスニングに適していると思いました。
ポップスやジャズを良く聴く方は、試聴された方が良いと思います。

 


HOMEへ戻る

リンクフリー!
相互サイト募集中!!